業務内容 Business

i-Con計測サービス

三次元計測全般を技術支援するサービスのご案内です。

国土交通省では、土木工事における生産性向上を図るため、3次元データを工事の全工程で活用する「i-Construction」の取り組みを本格化させています。
しかし、ドローンを適正に活用するには、安全運航管理の法令を順守した上で高い運航技術を発揮するほか、求められる精度を的確に導き出すための測量技術が必要不可欠です。
また、レーザー計測も、同様に高精度な計測をするには、高度な測量技術が不可欠です。
本サービスは、土工の施工現場における、測量・施工・検査等の段階における3次元データ活用を、計測サービスとレンタルサービスで総合支援するサービスです。

(東北地方整備局 アドバイザーコンサルタント協定締結企業)

Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

国土交通省の取り組み

図:(国土交通省)http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000648822.pdfを加工して作成

i-Con計測サービスの主要機器

固定式3次元レーザースキャナー
レーザーによって地形や構造物の3次元座標データを瞬時に取得できる計測・測定機器です。
MMS(車載写真レーザ測量)
車両に計測機器を搭載し、移動しながら三次元的な計測を行います。現況測量や縦横断図作成などに活用されます。
UAV
「小型無人航空機」の空中からの動画・写真撮影によって、災害調査やダム・橋梁の維持管理などを行なうことができます。
現在、様々な映像分野で注目されている機器です。
このページの上部へ