様々な三次元計測技術で現場に適切なICT計測をサポートします

主要機器のご紹介

MMS(車載写真レーザ測量)
車両に計測機器を搭載し、移動しながら三次元的な計測を行います。現況測量や縦横断図作成などに活用されます。
ナローマルチビーム
NORBIT社製マルチビームソナーシステム(iWBMS)は、ソナー部(送受信波器)と動揺センサー(IMU)、表層水中音速度計(SV)が一体となったマルチビーム音響測深器です。
UAVレーザー
森林部の地形測量や災害時の人が踏み込めない被災箇所を、レーザースキャナーを搭載したドローンを利用して計測します。レーザー、IMU、GNSSを搭載し、UAV写真測量の課題であった樹木や草木による計測誤差を解消出来ます。
UAV
「小型無人航空機」の空中からの動画・写真撮影によって、災害調査やダム・橋梁の維持管理などを行なうことができます。
現在、様々な映像分野で注目されている機器です。
土質試験
当社試験室は、県下で最大級の土質試験設備を有し、物理試験、力学試験、材料試験、配合試験などを実施しています。近年の多様化する様々な試験にも、高い技術力と種々の試験機器を用いて高精度な試験データをご提供致します。
岩石試験
岩石に関する基本的な試験から高度な特殊試験まで、豊富な試験機器を使用して各種岩石試験を幅広く取り扱っています。
静的試験
静的貫入試験とは「油圧や手動で徐々に地中に貫入させる試験」を言い、騒音・振動がほとんど発生しない原位置試験です。 当社では静的貫入試験として代表される「スウェーデン式サウンディング試験」、「ポータブルコーン貫入試験」など、多くの試験機器を保有し、お客様の多彩なニーズにお応えします。
地盤支持力の測定
地盤の支持力を測定する試験として代表される「平板載荷試験」をはじめ、「現場CBR試験」、簡易的に支持力を測定する「キャスポル」などの機器を多数保有しております。また、数多くの実績を基にお客様のニーズに合わせた信頼の試験結果を提供致します。
このページの上部へ